タイガーカレーが札幌のスープカレーでひときわ異彩を放っている理由







スープカレーと言えば北海道民のソウルフードと言われていますが、その味は店によって千差万別。

ラーメン屋が多種多様にあるのと近い感覚かもしれませんが、札幌にはスープカレーのお店がとにかくたくさんあって、店によって違いがいろいろあるので食べ歩きのテーマとしては結構面白いんですよね。

第一回目にあたるグルメ・飯テロ系の特集として札幌一のお気にいりの店と言ってもいい「タイガーカレー」というお店について語りましょう。

札幌市北区の繁華街「北24条(通称ニーヨン)」にあるタイガーカレー

tigercurry2

札幌のスープカレーの激戦区と言えば、JR札幌駅(通称サツエキ)から大通、そして多くはすすきのに店を構えているのですが、このタイガーカレーは北区の繁華街である「北24条(ニーヨン)」と呼ばれるエリアにあります。

サツエキや大通からだと地下鉄で10分くらいで到着する場所です。(場所の情報はこちら

店内は「タイガーカレー」というだけあって虎をモチーフにしたオブジェなどの装飾が目立っていて、目でも楽しめるとてもいい雰囲気。

店内は席によって分煙されており、喫煙者はカウンター側、禁煙席はソファー席となっている様子です。

私は嫌煙家なので禁煙席にしか座ったことがないんですが、この店でタバコのニオイを感じて嫌な思いをしたことがありません。

たぶん空調がしっかり整えられているのでしょう。

にんにくと生薬の「スタミナスープ」がイチオシ!

tigercurry6

スープカレー屋といえばいくつかのスープを選べる店も多いのですが、タイガーカレーにはスープが4種類ありそれぞれ、

  • 「虎のスープ」
  • 「龍のスープ」
  • 「裏虎(ウラドラ)のスープ」
  • 「スタミナスープ」

というものになっています。

どれも味をチェックしたことはあるのですが、一度風邪をひいている時に「スタミナ」という名前につられて「スタミナスープ」を味わってからずっと私はスタミナスープ一択で通しています。

翌日には鼻水やのどの痛みがバッチリ消えたんですよね。

いや、スープカレーにそんな効果期待するもんじゃないとは思うのですが、思いのほか「効く」感じが体感出来てしまったので、日ごろの疲れをほぐす目的もあって毎回スタミナスープにしてしまっています。

個人的にこの「スタミナスープ」は「薬膳系」と呼ばれる、札幌スープカレーの元祖と言われるスープの系統を進化させたスタイルのように思います。

また、スタミナスープ以外では「裏虎(ウラドラ)のスープ」が特にイチオシです。

裏と言いながら店長おススメらしいので一度食べてみる価値はありですね。

味を例えるならラーメンスープって感じでしょうか。

カレーだけじゃなくラーメンも好きだという人には是非お勧めしたいスープです。

スープの濃度として、カレーというには結構サラサラしているのですが、野菜をじっくり煮込んでいるらしく素材の甘味がマイルドさを演出していてコクがあります。

スタミナスープはにんにくや生薬が効いているので、そういうのが苦手な人は「裏虎(ウラドラ)のスープ」が優しい感じでいいかもしれませんね。

驚くような具材とスープの絶妙なマッチング

タイガーカレーのスープカレーで使われている具材を見ると豆腐や山芋など、スープカレーとしてはちょっと攻め込んだ感じの具材をも上手くマッチングさせています。

ヘタに混ぜると返ってとっ散らかってしまうような気もするのですが、どのスープで食べても妙な統一感があるのです。これは驚異的なワザですね。

いつもはメインの具材としては牛筋の入っている「プルプル牛筋カレー」を注文するか、そうでなくても追加のトッピングで牛筋を乗せてしまうくらい牛筋にハマっています。

tigercurry3

あとは期間限定モノの具材でアワビがごろっと1個入っていることもありました。

期間どころか個数も限られているのでごく短い間にしか食べられなかったのですが、タイガーカレーは「LINE@」を上手く使って情報発信しているので、このような「アワビ入りました!」という情報も即座に受け取ることが出来ます。

tigercurry4

ちなみにこのアワビの知らせがLINE@で配信されたのは客足も遠のくような雨降りの日でした。

意図的だとしたら使い方上手いですよねー!私が駆け付けた時は雨降りなのに店内ほぼ満席状態でしたから。

1000円ちょっとでアワビ入りの豪華なスープカレーが食べられるんですから、そりゃ多少の雨でも行きますよね。

また、余談ですが全てのスープカレーを土鍋で個別に煮込んでから出すようにしているようで、毎回出てきたスープカレーはどれもブクブクと煮立った状態で目の前に出されるので最後までアツアツのままで食べられます。

多分これは単純に温めるというだけじゃなく、具材とスープをしっかりなじませるような効果も睨んでいるのではないかと思えます。

他にも有名店はたくさんあるけど、やっぱりタイガーカレー

tigercurry5

ここまでの内容をまとめると、

  • おススメは「スタミナスープ」もしくは「裏虎(ウラドラ)のスープ」
  • 豆腐や山芋などの珍しい具材が美味しい
  • メインの具材は牛筋がおススメ
  • たまに出る変わり種の具材も要チェック
  • LINE@は登録しておいた方がいい

といったところでしょうか。

札幌にはスープカレーのお店が星の数ほどありますし、中には雑誌やテレビで何度も紹介されているような超有名店もたくさんあります。

どこも美味しいと言えば美味しいのですが(というかスープカレーでマズくするのってある意味離れ業)、タイガーカレーはその中でも特にトガっているお店という印象。

妙な中毒性があって、食べた1~2週間後くらいに「あ、また食べたい」と思わせてくれる味なので、道民も本州の人も一度は食べてみてほしいですね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ギタリストとしての夢を追いかけながら非正規雇用の会社員として残業に追われる毎日に嫌気がさし、サイトアフィリエイトでインターネットビジネスに参入。約1年で会社員としての給料とアフィリエイト報酬が逆転。独立を果たす。並行して国内転売でも実績をあげている。