リアル牛かつと牛かつ味のポテチを比較!変わり種のポテチの再現性を検証







よくあるポテチの変わり種の味。。。どれも普段食べられないような味が多いしコンビニとかでも目立つところに置いてあるのでついつい買ってしまいがち。

最近私が見つけたのはこれ!

コイケヤのこだわり揚げポテト「牛かつ味」

ちょっと待てよ。。。これほんとに牛かつの味すんのだろうか。

そもそも私、牛かつって食べたことないし、ただこれだけ食っても本当に牛かつの味がするかどうかなんてよくわからない。

そこで行ってきたよ、リアル牛かつ屋。だから今回は超真面目に「牛かつ味」と「牛かつ」の徹底比較をしてみようと思う。

牛かつ屋さん、「いち華」は札幌では珍しい牛かつ専門店

今回私が訪問したのは札幌市北区の新琴似というエリアにある市内でも数少ない牛かつ専門のお店である「いち華」さんです。

東京ではちょっとした流行りみたいのあったらしいね。

思えば渋谷の道玄坂あたりでも行列作ってる店あって、私も入ろうとしたけど時間なくて断念したことあったもん。

gyukatsu1

「いち華」の場所は札幌市北区新琴似8条1丁目1-46

地下鉄南北線「麻生駅」もしくはJR「新琴似駅」からだいたい5分くらいの場所。

どちらかというと気持ち新琴似駅からの方が近いかも。

いかにも高級な和食料亭って感じのたたずまい。パッと見では一見さんは入るのをためらってしまいそうな厳かな雰囲気を醸し出しています。

右手のパネル写真の牛かつがめちゃくちゃ美味そうですね。

こんな見た目なんで「絶対に値段高そう!」って思っていたのですが、これが実は結構安いんですよ。

お店の前にお品書きがあるので通りがかりに見つけた時に事前のリサーチも出来ました。

定番の目玉メニューが牛かつ定食で1300円ということなので、私の稼ぎでも全然イケちゃいます。てことで入店。

gyukatsu2

お店の中はカウンターが10席ちょいくらいに小上がり席もいくつかあって、宴会プランのようなものもあるみたいなので団体さんにも便利です。

カウンターの向こうは調理場となっていて、職人さんの手元が丸見えなかなりオープンな作り。目の前の壁には「六十秒に想いを込めて」という文字が。

そう、ここの牛かつは六十秒だけ揚げるというスタイル。本当にサッと揚げて、それでもサクサクといい音を立てながらかつが切り分けられます。

かなり表面的な部分しか火が通っていない事が予想されるけど。。。果たしてどんなものが出てくるのか、気になる。

いよいよ登場!牛かつ定食(1300円)

5~6分程度たった頃だろうか。オーダーした定番の「牛かつ定食(1300円)」が姿を現した。

gyukatsu4
  • ご飯
  • 牛かつ
  • キャベツ
  • ポテトサラダ(オン・ザ・ずんだ)
  • 味噌汁(納豆汁)
  • ぬか漬け
  • 山わさび

と、こんな組み合わせ。

gyukatsu5

火の通り方は「ミディアムレア」だということが店の外の注意書きにも書かれていたし外のパネル写真で見ても真っ赤だったが、これはもはやミディアムレアとかレアとかいう領域では無い。ほとんど生肉。

肉はちゃんと火が通っていないとダメなんだよ!」っていう人は絶対に無理だと思う。

お願いすればある程度は対応してくれるらしいんだけど、火の通り具合は基本的にはこれ以外に全く選べない仕様なので要注意ですぞ。

ちなみに私は生肉をそのまま食わせてくれるような店にも何度か行ったことがあるくらい生肉が好きなので最高の気分です。

牛肉は北海道産の十勝和牛のランプ肉を使用しているとのこと。

なるほどさすが十勝和牛。

確かにすごく柔らかくでジューシーなんだけど、余計な脂感もなく肉の美味しさがじんわりと口の中に染み渡る感じ。

食べ方は醤油・岩塩・もしくは皿の山わさびを使った山わさび醤油の3通り。

個人的な好みとして山わさびは大好物だし、ここの山わさびはかなりきめ細やかに卸されている絶品なんだけど、ここの牛かつはほとんど普通に醤油だけで食べた方が旨いなと私は感じました。

調味料での味付けとして塩ではちょっと薄いし、山わさびまでつけると衣と相まってわけわかんなくなる。だから醤油がちょうどいいわけなんです。

付け合わせに関しては、まずポテトサラダはマヨネーズとか使ってる普通のものではなく、ちょっと塩っ気のあるふかし芋みたいな感じ。ずんだとの相性が抜群。

味噌汁は基本は納豆汁なんだけど、希望があれば普通の味噌汁でもいいみたい。納豆苦手な人には嬉しいですね。

定食ということで食べ応えは十分なんだけど、出てくるのが早いのとあまりに美味しかったのでおよそ入店から30分程度で完食してしまいおあいそ。

もうこれでいいよ。

ここで終わろうよ。

別にこの後でポテチとか食いたくないし。

この余韻を楽しみたい。。。

ここで「牛かつ味」のポテチ、実食

というわけにはいかんので、ポテチ食うよ。「牛かつ味」な。

gyukatsu-aji3

もう何も期待してないよ。。。

あんな旨い牛かつ食った後です。どうせただのポテチですよ。。。

私のような牛かつも食ったことないヤツを小ばかにしたようなポテチに決まってる。

と投げやりに実食。

しかし、これが意外とイケるw

ちょっとわさびっぽさもあるし、なんか肉の旨み的なのもほんの少し感じる。どうしよう旨いぞ。

ブラインドテストとかしたらさすがに何味かわからんだろうけど、一度牛かつを食べた人間ならなんとなくピンとくるであろう味です。

そんなわけはない。。。と思いながら裏面の原材料表を見てみると。。。

gyukatsu-aji4

「肉エキスパウダー」そして「西洋わさび」に「原材料の一部に牛肉を含む」という記載。。。

あぁ、なるほど。ガチでござったか。

まとめ

牛かつ味のポテチには本当に牛肉が使われていた。

コイケヤ・・・やるな!

gyukatsu-aji1

そんなコイケヤの牛かつ味ポテチは以下のリンクからAmazonで購入できます!!!

とか言ってみたいところだが、なんとAmazonには売っていない!もうコンビニにも売っていない!

しかも「これであなたも牛かつと牛かつ味を比較してみてね!」と言うのもちょっと気が引ける。

そこでコイケヤのポテチの変わり種で「牛乳味」というこれまた思わず比較してみたくなる味を見つけたので、それでも食べて是非おうちの冷蔵庫の牛乳と比較してみてほしい。

>>湖池屋 ポテトチップス 牛乳味 50g×12袋<<

ほんとに買うっていう猛者のために一応忠告しておきますが、これ12袋セットでしか買えません。

一袋だけ買うことが出来ないので気を付けてくださいね・・・。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です